手数料

手数料とは?

FXで取引を行う際には、FX会社によっては取引手数料がかかってしまいます。「手数料なんて大した額じゃない」と思う方もいるかと思いますが、出来ることなら取引コストは安く押さえられた方が良いに決まっています。当たり前ですが、取引コストは大きいほど利益が少なくなってしまうので、FX口座を選ぶ際には手数料の欄をよく見ておきたいものです。

手数料よりスプレッドに注意

FXにおける取引コストは、取引手数料とスプレッドが主なものになります。どちらも低い方が良いですが、基本的にはスプレッドの安いものを選んだ方が良いです。というのも、手数料よりもスプレッドのほうが主な取引コストとなるためです。もちろん、スプレッドが安くても手数料が高いのでは意味がありません。基本的には、手数料が高くなり過ぎず、スプレッドが安いFX会社が好ましいです。また、特定通貨に対してのみ、手数料とスプレッドが安い会社などもあるので、それぞれのFX会社についてよく調べてみましょう。

一万通貨取引なら手数料無料

多くのFX会社では「一万通貨」単位での取引が行われています。一万通貨取引とは、たとえば対ドル取引の場合は、一万ドルごとの取引を行うことを指します。例えば1ドルあたり120円だったとすれば、120万円の取り引きを行うことになります。このような取り引きを、一万通貨取引といいます。一万通貨取引は、取引手数料がどの会社でもかからないという特徴があり、手数料を気にする方は、一万通貨での取引を行うと良いでしょう。ただし、一万通貨取引はリスクが大きくなりがちという一面もあるので注意が必要です。

千円通貨取引と手数料

低コストでFXがしたいという場合は、千円通貨での取引がおすすめです。ただし、こちらは取引手数料がかかることがあり、その分利益が損なわれてしまいます。中には千円通貨取引での手数料が無料の会社もあるので、千円通貨取引を主軸にFXを行うという方にお勧めです。