レバレッジ

レバレッジとは?

FXにおける用語の一つに、「レバレッジ」があります。FXで取引をする人によっては、レバレッジを重視してFX会社を選ぶ人もいるほど、このレバレッジはFX取引に深くかかわってきます。ここでは、そんなレバレッジについて説明します。

レバレッジが大きいほど、大きな取引ができる

レバレッジとは、日本語で梃子という意味を持った言葉です。FXで取引を行うときには、FX会社に保証金を支払い、保証金を元に数倍の価値の通貨を購入して取引を行います。レバレッジとは、「保証金を何倍にして取引できるか」という倍率をことを指します。例えば、レバレッジが10倍の場合、保証金を10万円払うことで、100万円分の取引を行うことができます。レバレッジは会社ごとに倍率に開きがあり、数倍のレバレッジを設定する会社もあれば、数百倍のレバレッジを設定する会社もあります。基本的には、レバレッジが大きいほど取り引き規模も大きくなります。

大きなレバレッジでの取引は「ハイリスク・ハイリターン」

FXで取引する際には、レバレッジが大きいほど利益を大きくしやすく、同時に損害も大きくなりやすくなります。例えば、レバレッジ100倍、保証金10万円で取引した時のことを考えてみましょう。購入できる通貨は1000万円分になります。1ユーロ=100円の際に購入した場合、決済時に1ユーロ=102円なら20万円の儲けが、決済時に1ユーロ=98円なら20万円の損害が出てしまいます。このように、レートの高いレバレッジで取引すると、1〜2円の変動でも、値上がりの際には大きな利益を上げることができ、値下がりの際には大きな損害を出すことになります。

レバレッジが高いとスワップも高くなる

レバレッジが高い際には、同倍率でスワップポイントも高くなります。スワップポイントとは取り引きの際にもらえる金利のことで、レバレッジの倍率を重視してFX会社を選びたい際には、スワップポイントにも目を配ってみましょう。